ローン金利には色々とありますが借りる前にはしっかりと金利を理解しておきましょう。

■「金利(利息)」の表示は「実質年率」で表示しなくてはいけないことになっています。

実質年率とは、実際にかかる年間の利息の事です。

要するにその業者が別途書類制作等の手数料を請求する場合には利息の表示に加えなくてはなりませんので現在見せかけの低金利を表示することはできなくなっています。

■具体的に数字を計算するとイメージがわきます。

■実際に計算してみよう
→借入30万円
→実質年率23%
→1年間借りっぱなし


となると単純に借入に対して実質年率をかけたものが返済利息となります。

つまり
30万円×23%=69,000円
となります。

■もし緊急の入用ですぐに返済予定があるなら
→借入30万円
→実質年率23%
→7日間で返済


30万円×23%÷365日×7日間=1,323円

となります。
もちろん利息は元本をいくら返したかで変わってきます。

また短期間で返す予定であれば期間による無利息キャッシング等を利用すれば 利息を払わずにお金を借りることが出来るわけです。
また当サイトでは返済シミュレーションツールが充実しているので利用してみてください。

ローン完全NAVI
ローン完全NAVI